表現力のある翻訳

革新的な技術で世の中を動かす企業を目指します

翻訳

ビル

表現力のある翻訳

いくら翻訳能力があっても原書の表現を超えることはできないといわれています。
考え見たらそれはそうかなと思いますが。
まったく原文の意味とは違った表現も日本語ではたまに見られるのです。
表現として素晴らしいのは、原文が「Gone with the wind」これは有名な言葉です。
「風と共に去りぬ」ですね。
直訳すれば、「風と一緒に行った」となるのですがこれを格調高い言葉にするのは翻訳家の表現力です。
世紀の名訳だと思います。
他にはこれも映画のタイトルですが「愛と青春の旅立ち」があるのですが、原タイトルはまったく違った言葉です。
これはもう翻訳家の趣味というか表現力によるものです。
翻訳は本当に奥が深く時に、私たちをハッとさせてしまいます。
こちらのサイトでも詳しく解説していますよ。